走るギタリスト

明日は、きっと、出来る。目指せ、最速のギタリスト。

6月振り返り

こんばんは。

 

エンペラーカップ終了後、予定通り?1週間オフにしました。というより心身ともに走る力が残っておらず、計らずも1週間走らなかったといった感じです。

 

振り返ってみれば散々な6月でした。笑 大阪実業団とエンペラーカップという2つの言わばポイントにしていた大会があったのですが、どちらも不甲斐ない結果に終わってしまいました。どちらも原因は暑さと言ってしまえば簡単ですが、それだけではないと思っています。

 

1番の原因はやはり基礎的な体力がまだまだ足りていなかったことですかね。4月に自己ベストを出した時は、気温が低かったこともありますが、その近辺は20km走や30km走を比較的多く入れていました。5月以降はスピード練習を重視する、ということで1000mインターバルや200mのレペティションを多く入れて、確かに高強度の練習を入れてはいたのですが、長い距離を走ることをしなくなったので、スピードがつく一方で基礎的なスタミナは落ちていく、という事態に陥っていたのではないかと考えています。

 

また、少し自分の力を過大評価していた面もあったかと思います。練習の設定タイムが今の自分の実力にあっておらず、たまたま調子がよければこなせるが、そうでない時は基本的に設定タイムをきれない、もしくは限界ギリギリで走っている、という状態で、練習効果があまり高くなかったのではないか、とも思っています。

 

2017年もちょうど半分が過ぎ、折り返し地点にさしかかりました。7月以降は秋のマラソンに向け新たに練習を開始します。それに際し、まずは今の自分の実力の再確認、そしてそれに見合った練習の質、というものをもう一度考え直したいと思います。具体的には普段のJogのペースも4'00/kmではなく4'15/kmくらいまで落として、比較的余裕を持って走れるペースまで落として、その一方で前よりは少し走る距離を長くして基礎的なスタミナをつけ直そうと思います。9月にもう一度5000mのレースを控えていますが、とりあえず7月8月は徹底的に走り込みを行なって、月間300kmを目標にしたいと思います。

 

8月には北海道マラソンも控えていますし、また毎週末の30km走を復活させようと思います。早速明日から走り込みを開始します。1週間休んだことでようやく心身ともに走る力が回復してきたと感じます。走りたい、と思えるようになってきたことですし、その勢いのままに、また練習を再開します。